【土地評価事例】河川区域や宅地造成規制区域にある土地

【土地評価事例】河川区域や宅地造成規制区域にある土地

■土地面積/約 490 ㎡
■状況/約50㎡が「河川区域」に該当し、建築不可能

状 況 相続評価
当初の評価 通常の評価 5,042万円
相続ステーション®の評価 第1種中高層住居地域の建ペイ率60%、容積率200%を前提に路線価が付設されているが、最も河川寄りの50㎡は「河川区域」であり建築不可能であることが判明したので、その部分の評価を減額 4,790万円 

相続評価の差

(相続税額の差)

252万円

(100万円)

上手な土地評価で相続節税と遺産分け良いとこ取り!…“路線価評価24種の土地の該当判断(解説動画つき)”

土地評価を下げる為の徹底調査(解説動画つき)

土地評価 32事例

まずはこちらの動画をご覧ください!
税理士によって相続評価に差が出た土地 12の実例を説明しています。

相続税の節税は選ぶ税理士で変わる!申告や対策の方法を税理士法人が解説

 

上手な土地評価で相続税節税と遺産分け良いとこ取り!

土地評価を下げる重要性についてご覧いただけましたでしょうか?

ご覧頂けた方は土地評価を下げる重要性と、お持ちの土地の評価が下がるかもしれないということがお分かりになったかと思います。 ご自身の土地が24種のどれかにあてはまるか否か是非チェックしてみて下さい。

ひとつでも当てはまれば相続税の節税ができるため、思い当たる方はぜひ一度ご相談ください。 

相続ステーションより

無料相談予約をする
電話相談はこちら

平日 9:30〜19:30/土曜 9:30〜17:30