新型コロナウィルスに対する当社の【3密対策】について

 コロナ要警戒期間中でも皆様の相続問題は消え去りません。
そこで弊社では、TEL・メールオンライン【WEB・リモート】 により皆様のご相談をお受けしています。

コロナ要警戒期間中について
期間中、新規の相続申告相談については直接面談に加え、以下の対応もしております。

(例)
① 税理士による電話相談の後、

② ご相談内容に応じ「事務所案内」「相続手続きガイド」を郵送。ご希望により返送用赤レターパック(親書扱い)を同封

③ 遺産関係書類などを赤レターパックにて弊社宛に郵送。

④ 後日、相続申告見積りなどを、TEL・メールオンライン【WEB・リモート】 などご希望の方法で説明

 

【3密対策】

(1)エントランスにてアルコール消毒の推進
常に、エントランスにアルコール消毒ポンプを設置し、接客後毎に机・ドアノブ等のアルコール消毒及びドアを開放しての換気も行い、常に当社社員も含め除菌を心掛けております。

(2)マスク着用について
お客様とのご面談やお取引先企業さまとのお打ち合わせ時、当社職員同士のミーティングにおいても、すべての従業員がマスクを着用し対応させていただきます。ご理解のほどよろしくお願い申し上げます。

(3)面談スペースについて
28㎡(17畳)と20㎡(12畳)に、低濃度オゾン発生器(バクテクター)・クリアパーテーションを設置し、飛沫を気にせずご相談頂けます。

 

【勤務形態】

(1)体調不良時の出勤について
37.5度以上の発熱がある場合や風邪の初期症状がみられる従業員には無理な出勤を要請せず、休暇取得を勧奨します。

(2)時差通勤
ラッシュアワーを避けるための時差通勤をしています。

(3)通勤時のマスク着用について
「手洗い・消毒」を徹底しています。
また公共交通機関の利用時はマスク着用を徹底しています。

 

上記に併せて、従業員に対して、本人及び家族に感染/濃厚接触の疑いがある場合等につき、会社に報告することを義務付けており、社内における状況把握に努めております。又ビル側とも協力し合い建物全体からも可能な対策で対応しています。

 

当社は、新型コロナウイルス感染症に関する状況を注視しながら、今後も必要な対応を実施してまいります。

関係者の皆様におかれましては、何卒ご理解を賜りますようお願い申し上げます。

ご参考ページ
オンライン面談【WEB・リモート】での相談について
コロナで相続手続き・申告準備の先送りによるリスク!【相続手続き編】
コロナ関連【生前対策編】

 

当事務所の解決事例を検索する

分野別

お悩み別

路線価から下げないと損!今すぐチェック
PAGE TOP