相続税の税務調査をヘッジ●税理士意見書面の為の実質所有者判定シートを用いた確認作業

名義人が実質所有者でもあることを主張するには下記★印欄の痕跡が最低1つは必要となります。

相続ステーションより

当事務所では預金などの名義人が、実質所有者なのか、単なる名義人であるのかの判断項目を預金は8通り、株式は10通り用意しています。満点の必要はなく、どれか1つでもあてはまれば税務署の疑いを解消し、追徴課税を免れることができてきました。

無料相談予約をする
電話相談はこちら

平日 9:30〜19:30/土曜 9:30〜17:30