市街化調整区域の土地オーナーへ

大阪府が市街化調整区域の規制を緩和の方針

H29.4~府下の市街化調整区域でも土地活用や売却ができる可能性が出て来ました。

従来は、市街化調整区域で住宅開発や工場などを建築しようとしても、基本的に府は開発を認めてきませんでした。

しかし、人口が減少している市町村では、人が移住してくれるよう住宅建設や工場建設の規制を緩和する方向に転換するようです。

ということは、
調整区域内の公道に面した土地のオーナーさんは、

本年(2017年)4月以降、規制緩和の状況を市の開発指導課などでヒアリング

fabric_mark_arrow-1

建築などが可能であることが確認できれば・・・・・

建築や売却をする前の、相続土地評価額が低いうちに
 子や孫へ贈与を検討

ご参照⇒大型贈与で有利に資産移転

mata3.fw

遺言で、一代飛ばし相続 なども検討

ご参照⇒遺言作成・遺言執行の料金比較表

などを検討したいものです。

 

shgk2.fw

 

 

路線価から下げないと損!今すぐチェック
解決事例
  • 遺産分け編
  • 申告編
  • 土地評価編
  • 生産緑地編
相続ステーションへの相談・お問合せはこちら
相続ステーションへの相談・お問合せはこちら
PAGE TOP