市街化調整区域から市街化区域へ変わる土地の遺産分割サポート・相続税の節税サポート

市街化調整区域から市街化区域へ変わる土地の遺産分割サポート・相続税の節税サポート

大阪府が市街化調整区域の規制を緩和の方針

2017年(平成29年)4月~府下の市街化調整区域でも土地活用や売却ができる可能性が出て来ました。

従来は、市街化調整区域で住宅開発や工場などを建築しようとしても、基本的に府は開発を認めてきませんでした。

しかし、人口が減少している市町村では、人が移住してくれるよう住宅建設や工場建設の規制を緩和する方向に転換するようです。

ということは、
調整区域内の公道に面した土地のオーナーさんは、

2017年4月以降、規制緩和の状況を市の開発指導課などでヒアリング

fabric_mark_arrow-1

父の相続発生時に母が相続してしまうと、母存命中に市街化区域に編入されでもしたら、土地評価が爆上がりし、相続税も増税になってしまう。
  それを避ける為には、市街化調整区域である内に、父から子が相続されることをオススメします。

建築や売却をする前に、市街化調整区域内土地として相続土地評価額が低いうちに
  子や孫へ贈与を検討

関連ページ
大型贈与で有利に資産移転!・・・相続時精算課税制度の贈与を活用した相続税節税の実施(賃貸建物・値上り土地・自社株など)

又は、

遺言書で、一代飛ばし相続 なども検討

関連ページ
遺言書の作成・遺言執行の報酬について

などを検討したいものです。

市街化調整区域 ⇒ 活用や売却が可能に

相続ステーションより

市街化調整区域の土地が市街化区域に編入されると、いままでは活用できなかった土地が活用できたり、売却できたりします。また、相続土地評価は数十倍に跳ね上がることも少なくありません。そのような土地を配偶者が相続すると、次の相続税が大変なことになります。当事務所では、財産の将来価格もできるだけ考慮した遺産分割の助言を心がけています。

無料相談予約をする
電話相談はこちら

平日 9:30〜19:30/土曜 9:30〜17:30