養子縁組の注意点

まれに養子縁組後に、養子(又は養子の実父母)と養父養母が財産面や感情面でもつれる
ことがあります。

今まで弊社であった実例は、長男の子(つまり孫)を節税目的で養子に入れていたけど、ご長男がお嫁さんと離婚することになったケースや娘婿を養子に入れていたけど数年後に“鬼婿”化し、浪費もしてしまったケースでした。

養父母は養子さんと養子解消をしようとしました。
しかし、養子さん(養子が15歳未満のときは法定代理人)が「養子縁組届」に同意してくれません。
そうなれば家庭裁判所に「養子縁組の調停申立」が必要になります。

「 結ばれるに易し、別れるに難し 」です。
養子縁組も節税効果だけで考えるのではなく、候補者やその周辺の人物性なども考慮される
ことをオススメします。

関連ページ
相続税の節税は選ぶ税理士で変わる!申告や対策の方法を税理士法人が解説

カテゴリメニュー

相続 知恵袋
解決事例
お客様の声
メディア掲載

無料相談で手続きの流れが分かる資料を無料贈呈

無料相談予約をする
電話相談はこちら

受付事前ご予約/平日 9:30〜19:30/土曜 9:30〜17:30