解決事例

【相続解決事例】相続人の仲が良くないケース

 仲の良くない兄弟姉妹で「仲良く話し合い」というのは土台無理な話です。 本来は公正証書遺言を作成しておくべきですが、遺言もなく相続発生した場合は・・・・・ 【対応1】  当社では、“ 皆様が当事者なので放っておかないで ” という心を込めて、相続人全員に文章で呼びかけをするケースも少なくありません。  例えば、 『遺産目録の作製が完了しました。〇月〇日〇〇時に遺産分割協議の場を弊社に
続きを読む >>

「相続放棄」発言や過去の念書で安心していたケース

ご相談者様の状況 夫に不幸がありました。相続税の基礎控除額は超えており申告義務があります。 相続人は妻である私と子の2人ですが、生前中より私がすべて相続するよう夫と子供との間で話がついていました。 放棄の手続きは夫が亡くなってから3ヶ月と聞きましたがどうしたら良いでしょうか。 相続ステーションの提案内容 弊社は10年間にわたり、年間100件を超える相続税申告に携わってきましたが、生
続きを読む >>

相続人の中に住宅ローン、年金暮らし、離婚などでお金が要りそうな人がいたケース

ご相談者様の状況 夫が亡くなり相続人は奥様と長女・二女の3人います。 夫の財産は自宅不動産のほか、預金や株・投資信託などの金融資産が中心で、 相続税の計算と合わせて相談したいと奥様からご連絡があった。 相続ステーションの提案内容 ご主人の遺産分けはこちらがご提案した2次相続の相続税額まで試算した提案をベースに奥様が決定しており、長女と二女も一応は納得していた。 長女には子がおり
続きを読む >>

遠方居住や疎遠になっている兄弟姉妹がいたケース

ご相談者様の状況 普段は私(長男)夫婦が父の世話をしてきました。 弟は遠くへ住んで数年に一度しか連絡をとっていません。 そんな弟でも法定相続分の主張をしてきています。 そればかりか、父の預金を使い込んでるのではないか?と弟が言ってきています。 どうしたらいいでしょうか。 相続ステーションの提案内容 このような案件はよくあります。 特に疎遠にしている子供が顔を出してくれる
続きを読む >>

含み損実現と会社への貸付債権放棄を組み合わせて相続税を節税したケース

ご相談者様の状況 滋賀県在住の女性からの相談。 夫から引き継いだ会社は、バブル時代に購入した不動産が多い上、夫が残した会社への貸付金1億5百万円が残っている。 貸付金を含む遺産総額は2億2,630万円、会社の株価は0円、推定相続人の数2人。 今のままでは相続税が4,129万円かかると言われた。 自分には年金収入が少なく、貯金を切り崩してゆく生活である中、将来自分に相続が発生した場合、
続きを読む >>

将来線引き変更予定の土地を生前贈与して相続税が節税できたケース

ご相談者様の状況 枚方市内にお住いの、女性の相続税生前相談事例です。 財産は、枚方市内の土地と建物と金融資産の合計4億3260万円(相続開始時) 相続人は、娘2人。基礎控除額は4200万円。 相続税の事を心配して、相談にこられた。 相続ステーションの提案内容 土地を精査した結果、近い将来都市計画の線引き変更により市街化調整区域の土地が市街化区域に編入されることが分かったため、生前に
続きを読む >>

税務署からお尋ね書が届いたケース

ご相談者様の状況 和歌山市内にお住いの、女性の相続事例。 財産は、和歌山市内の土地と建物、金融資産の合計5700万円 相続人は、配偶者と子2人の合計3人。基礎控除額は、4800万円。 相続税が課税されるとは知らず、税務署からお尋ね書が届いてもしばらく 放っておいていた。 相続税の申告期限から8か月が経過したところ、再度お尋ね書が届いたため 焦って税理士を探し始めた。
続きを読む >>

非上場株について。死亡退職金を支払ったケース

ご相談者様の状況 奈良市内にお住いの、男性の相続事例。 金融資産が多くなく、相続税の事を心配して相談にこられた。 財産は、奈良市ほか関西の土地と建物、非上場株式、金融資産の合計2億3400万円(対策前) 相続人は、子3人。基礎控除額は4800万円。 税率ステージ30%で、相続税額は3,480万円。 相続ステーションの提案内容 被相続人の金融資産は1,994万円であったが、
続きを読む >>

養子縁組をして、相続税が節税できたケース

ご相談者様の状況 相続人は、娘一人。基礎控除額は3600万円。税率ステージ30%で、相続税額は1382万円。 相続税の事を心配して、相談にこられました。 相続財産は、大阪市内の土地と建物と金融資産の合計1億540万円です。 相続ステーションの提案内容 相続人が娘一人しかいないため、娘の子供を養子縁組し、基礎控除を3600万円→4200万円に。 死亡保険に加入していなかったため、
続きを読む >>

配偶者の保有財産が多かったため、トータルの相続税を考えて遺産分割をしたケース

ご相談者様の状況 財産1億円をお持ちのお父様が他界され、相続人はお母様とご長男のお二人でした。 配偶者は1億6,000万円までは相続税がかからないことを知っていたため、すべてお母様が相続して相続税が発生しないようにと考えておられましたが、申告は必要とのことで当事務所へ相談に来られました。 相続ステーションの提案内容 お母様の財産状況をヒアリングしたところ、お父様と同等の財産をお持ちであるこ
続きを読む >>

解決事例
  • 遺産分け編
  • 申告編
  • 土地評価編
  • 生産緑地編
路線価から下げないと損!今すぐチェック
PAGE TOP