贈与税のかからない贈与/(1)生活費・教育費のその都度払いの最適化提案

贈与税のかからない贈与/(1)生活費・教育費のその都度払いの最適化提案

祖父母や父母などが生活費・教育費として必要な都度、直接これらに充てるために支出したものは贈与ではないので金額にかかわらず贈与税の課税対象ではありません。しかし、使い残りがあった場合や孫の親あてに応援した場合は上記解釈とは異なる微妙な側面もあります。

贈与税がかからない贈与/
(1)生活費・教育費のその都度払い

贈与税は、年110万円までなら贈与税がかかりませんが、次に掲げる財産についても贈与税がかからないことになっていますので、「相続時精算課税贈与」と同じく上手に使えば大幅に相続節税が可能です。

(1)生活費・教育費のその都度払い

祖父母・父母・兄弟姉妹などの扶養義務者から生活費や教育費に充てるために取得した財産で、通常必要と認められるもの。
ここでいう扶養義務者とは「所得税法上の扶養義務者」ではなく「民法上の扶養義務者」を指すので日常の扶養関係に縛られません。又、ここでいう生活費は、その人にとって通常の日常生活に必要な費用をいい、また、教育費とは、学費や教材費、文具費などをいいます。

なお、贈与税がかからない財産は、生活費や教育費として必要な都度直接これらに充てるためのものに限られます。したがって、生活費や教育費の名目で贈与を受けた場合であっても、それを預金したりすると贈与税がかかることになります。

~贈与の最適化プランの作成・サポート 目次~

大阪梅田駅直結

初回相談無料

事前予約/平日 9:30〜19:30/土曜 9:30〜17:30