贈与税のかからない贈与/(6)お祝い・お見舞いの適用判断・活用

贈与税のかからない贈与/(6)お祝い・お見舞いの適用判断・活用

個人から受け取る祝いなどは社会通念上で妥当な額までは基本的に贈与税の対象ではありません。ただし難しいのが『社会通念上』の額です。地域性やお家柄などによって幅があるのも事実で高額になれば油断はできません。

贈与税がかからない贈与/(6)お祝い・お見舞い

贈与税は、年110万円までなら贈与税がかかりませんが、次に掲げる財産についても贈与税がかからないことになっていますので、「相続時精算課税贈与」と同じく上手に使えば大幅に相続節税が可能です。

(6)お祝い・お見舞い

個人から受ける祝物又は見舞いなどのための金品、香典、花輪代、年末年始の贈答で、社会通念上相当と認められるもの

~贈与の最適化プランの作成・サポート 目次~

大阪梅田駅直結

初回相談無料

事前予約/平日 9:30〜19:30/土曜 9:30〜17:30