相続人の中に養子がいるときの「法定相続人の数」

「法定相続人の数」は相続税の次の4項目に関係します。

(1)相続税の基礎控除額
(2)生命保険金の非課税限度額
(3)死亡退職金の非課税限度額
(4)相続税の総額の計算

関連ぺージ
相続税の基本計算(法定相続人を把握・基礎控除・法定相続分・非課税財産)
終身保険は最強の遺言/非課税枠フル活用
相続税の対象になる死亡退職金と非課税枠

相続人の中に養子がいるときの制限

(1)被相続人に実の子供がいる場合
1人までです。

(2)被相続人に実の子供がいない場合
2人までです。

(3)混同しないで!
これらの制限は、あくまでも生命保険非課税枠を計算する際の「法定相続人の数」に対する制限であり、相続権に制限があるわけではないのでお間違いなきように。 

次の人は養子の数の制限は受けません。

(1)被相続人の配偶者の実の子供で被相続人の養子となっている人
(2)被相続人の実の子供、養子または直系卑属が既に死亡しているため、その子供などに代わって相続人となった代襲相続人

無料相談予約をする
電話相談はこちら

平日 9:30〜19:30/土曜 9:30〜17:30