「【土地評価事例】」の検索結果

【土地評価事例】セットバック(中心後退)が必要な土地

    ■土地面積/約 300 m2 ■状況 セットバック必要       (相続税額の差)   状 況 相続評価 当初の評価  路線価通りでの評価 7,500万円  相続ステーション®の評価  セットバック(中心後退)10㎡考慮した評価 7,325万円  相続評価の差
続きを読む >>

【土地評価事例】2m未満の道に面した土地

    ■土地面積/約 453 m2 ■状況/空地       (相続税額の差)   状 況 相続評価 当初の評価  狭い通路に付設されていた路線価をそのまま用いて評価 3,397万円  相続ステーション®の評価  幅員 1 mの通路では、建築基準法上の道路とならないことから、路線価を
続きを読む >>

【土地評価事例】固定資産評価を修正し、相続税評価を減額

      ■土地面積/約 892.00 m2 ■状況/倍率地域にある雑種地         状 況 相続評価 当初の評価  市役所の固定資産税評価を鵜呑みにし、 単に倍率を乗じていただけ。 2,149万円  相続ステーション®の評価  標準地の選定や地目の認定の誤り、 減価
続きを読む >>

【土地評価事例】空中に高圧線が通っている土地

    ■土地面積/約 675.7 m2 ■状況/貸家の敷地         状 況 相続評価 当初の評価  貸家建付け地のみの評価減 8,316万円  相続ステーション®の評価  敷地の一部が、高圧線の下になって  おり、利用が制限されているので  追加補正。 4,079
続きを読む >>

【土地評価事例】なだらかに傾斜している土地

    ■土地面積/約 399 m2 ■状況/傾斜地         状 況 相続評価 当初の評価  単純に道路の路線価で評価 2,871万円  相続ステーション®の評価  地面が傾斜しているため、  整地費などの各種造成費を控除。 1,383万円  相続評価の差
続きを読む >>

【土地評価事例】容積率の違いで路線価から減額

    ■土地面積/約 980 m2 ■状況/途中で容積率が下がっている土地         状 況 相続評価 当初の評価  単純に路線価300千円を敷地全体(全面積)  に使って評価 27,000万円  相続ステーション®の評価  容積率は土地の価額に影響を及ぼします。 容積率30
続きを読む >>

【土地評価事例】アパート敷地での『地積規模の大きな宅地の評価』の適用

(2018年1月~の相続発生)   ■土地面積/約 1,920 m2 ■状況/近隣に戸建住宅が多い地域         状 況 相続評価 当初の評価  単純なアパート敷地として評価 1億4,400万円  相続ステーション®の評価  地積規模の大きな宅地の評価 」の適用をした。 1億 800万円 
続きを読む >>

【土地評価事例】路線価のない公道に面した土地

    ■土地面積/約 501.66 m2 ■状況/路線価のない道路に接した土地         状 況 相続評価 当初の評価  アパート・自宅共に南側道路の路線価を用いて評価 5,900万円  相続ステーション®の評価  自宅部分については西側道路のみから評価としました。その際、当該道
続きを読む >>

【土地評価事例】自宅敷地での『地積規模の大きな宅地の評価』を適用

(2018年1月~の相続発生)   ■土地面積/約 1,005 m2 ■状況/宅地         状 況 相続評価 当初の評価  建物が建っているということで、路線価を使ったシンプルな評価をしていた 8,030万円  相続ステーション®の評価  地積規模の大きな宅地の評価を行った 6,183万
続きを読む >>

【土地評価事例】道路と地面の間に高低差がある土地

    ■土地面積/約 325 m2 ■状況/宅地           状 況 相続評価 当初の評価  一見すると角地であることから、  二方向の路線価を用いた角地評価 4,944万円   相続ステーション®の評価   路線価の高い北側の道路と対象地との間には1.5m~1
続きを読む >>

<< 前の記事を見る
解決事例
  • 遺産分け編
  • 申告編
  • 土地評価編
  • 生産緑地編
路線価から下げないと損!今すぐチェック
PAGE TOP