節税したいケース

【ご相談者の状況、困っている点】

<前提>

・父:被相続人 、母:先死亡 、長男 、次男

・被相続人は1人暮らし

・依頼者:長男

・被相続人の遺産                      (単価:千円)

被相続人の遺産

簡易評価

法定相続1/2

長男相続分

 不動産

50,980

 

50,980

 預貯金

60,000

 

4,510

 合計

110,980

55,490

55,490

相続税

9,796

 

4,898

 

<依頼内容>

・長男と次男の話し合いでは、不動産も含めて1/2相続と決まっており、

 長男が不動産を相続することは決定している。

 不動産の評価を下げてほしい。預金を多く相続したい。

 

【相続ステーションからの解決提案】

<自宅の土地の評価について>

・住宅地図でみる限りは、角地に位置し2つの道路に面した土地であった

・公図を確認の上、現地を見に行くと、一方の道路は自宅の間に水路があり

 この道路から建築することができないとわかった。=非接道評価

・その他、不整形等の補正を行い、

不動産の評価は50,980千円 → 37,125千円 となった。

となった。

 

<遺産分けと節税>

・遺産分けのベースとなる土地の評価は、兄弟相談の上、相続税評価を採用する

ことになった為、

  • 相続税の節税 9,796千円―7,268千円=2,528千円
  • 長男が相続する預金が増額 11,437千円―4,510千円=6,927千円

                           (単位:千円)

被相続人の遺産

簡易評価

適正評価

法定相続1/2

長男相続分

 不動産

50,980

37,125

 

37,125

 預貯金

60,000

60,000

 

11,437

 合計

110,980

97,125

48,562

48,562

相続税

9,796

7,268

 

3,634

 

正しい土地の評価により、節税と遺産分けの両方で満足していただけた。

 

【解決後のご相談者の状況】

・今回の相続税申告や土地評価品質に、ご提案に満足していただいたようで、

長男の奥様の実家の相続についても相談があった。

 

土地評価事例の他の記事

解決事例の他の記事

当事務所の解決事例を検索する

分野別

お悩み別

路線価から下げないと損!今すぐチェック
PAGE TOP