道路予定地・新駅開設・大型商業施設予定地の周辺に土地をお持ちの方は早く対策を

道路の新設予定、区画整理区域の予定地、新駅開設や大型商業施設の予定地、
市街化区域への変更予定などの周辺に土地をお持ちの方は一年でも早く対策を

例)新駅・・・北大阪急行線2023年延伸予定【千里中央駅~箕面船場駅~箕面萱野駅】

新駅周辺や新線沿線の路線価が既に急騰開始
新駅までの東西アクセス道路の収用工事も加速中

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

例)新駅・・・おおさか東線2019年3月延伸【新大阪駅~南吹田駅~JR淡路駅~城北公園通駅~JR野江駅~鴫野駅】

価値の上昇に伴い、路線価アップ(相続増税)と遺産分けの火種

 

 

 

 

 

 

例)区画整理予定地

区画整理事業が完了すれば無道路地が接道地になり評価額アップ

 

 

 

 

 

 

例)市街化区域への変更・道路の新設・・・堺市美原区 堺出 大型ショッピングセンター 2022年開店予定

周辺道路の路線価が既に上昇中
ショッピングセンターへのアクセス道路の新設により路線価アップ
市街化調整区域が市街化区域になれば評価額急騰

 

 

 

 

 

【1】相続発生してしまった場合の対処法

イ.  今後も土地評価が高くなりがちなので、不動産に詳しい税理士に土地評価させて節税と将来を見据えた遺産分割をすることがポイント。

参考ページ・・・上手な土地評価で相続節税と遺産分け良いとこ取り!

ロ. 遺産分けや相続納税の為に土地を売却される場合は、競争原理を活かした『不動産オークション』や『競争入札』で公明正大ば売却を。

参考ページ・・・『有効活用』や『売却の時期』『不動産オークション』

 

【2】生前中の対処法

イ. 評価がまだまだ上がりそうな場合は一年でも早く相続時精算課税贈与

参考ページ・・・大型贈与で有利に資産移転

ロ. 価値が上がれば、相続したがる相続人が増えるので遺産分けでモメないように遺言を。

参考ページ・・・遺言が必要な15のケース

ハ. 土地活用を検討されるなら、固定資産税upに備え収益額を重視で。

ニ. 登記名義人の将来の認知症が気になるなら「家族信託」(民事信託 イメージ図)「任意後見契約」で認知症対策を
参考ページ・・・「家族信託(民事信託)」で財産管理

参考ページ・・・認知症への備え(任意後見契約)【1】

 

当事務所の解決事例を検索する

分野別

お悩み別

路線価から下げないと損!今すぐチェック
PAGE TOP