生産緑地法の改正について

生産緑地法の一部が改正されました。

去る2017年(H29)4月28日に生産緑地法の一部が改正されました。

施行期日は一部分を除いて同年6月15日です。

改正の概要は次の3つです。

 ① 生産緑地の指定申請時と指定維持の際の最低面積が従来500㎡以上だったものが、市町村の条例で350㎡以上に引下げ可能になった。

 

 ② 指定から30年経過の段階で、所有者に異論がなければ「特定生産緑地」として10年間指定。10年経過後は10年毎で指定が延長される。

 

 ③ 今までは建築などは不可だった生産緑地内でも直買所や地産地消レストラン建築の為の宅地化ならば許可する。

 

但、気になる固定資産税や相続税の納税猶予については未定で今後の動向に要注目です。

 

ご参考
『広大地評価』廃止に伴う相続評価UPの緊急対策!

 

路線価から下げないと損!今すぐチェック
解決事例
  • 遺産分け編
  • 申告編
  • 土地評価編
  • 生産緑地編
相続ステーションへの相談・お問合せはこちら
相続ステーションへの相談・お問合せはこちら
PAGE TOP