「都市農地の貸借の円滑化に関する法律」で生産緑地の何が変わった?

生産緑地オーナーの皆様へ

2018年(H30)6月に生産緑地に関する「都市農地の貸借の円滑化に関する法律」が成立し、2018年(H30)9月から施行されることになりました。

これにより

【1】 相続税の納税猶予の適用について、自ら耕作せずとも『特定の市民農園運営会社』(※)などに認定貸付を行っても

 既に受けている納税猶予の継続が可能

 新たに発生した相続税の納税猶予が可能

【2】 2022年(H34)~に特定生産緑地に移行が可能に

・・・当社は日本最大の運営会社と提携しておりますのでご紹介可能です。

生産緑地を相続する際の課題 はこちら>>>これを受けて生産緑地・相続税納税猶予関連ページをリニューアルしました。

上手な土地評価で相続節税と遺産分け良いとこ取り!

他、ご参考ページ

 

生産緑地・農地オーナーの為のコンサルティング、生産緑地の指定後に関するQ&A、生産緑地の解除(買取り申出)に関するQ&A、生産緑地相続前後に関するQ&A、生産緑地・農地を相続する際の課題 など、上記のリンクからご覧になれます。

ほかにも様々な相続対策メニューをご用意しておりますのでご覧ください。

 

当事務所の解決事例を検索する

分野別

お悩み別

路線価から下げないと損!今すぐチェック
PAGE TOP