贈与が否認されないために

“名義預金”贈与が否認されない為のポイント

単に名義を分けただけでは、年110万円以下でも贈与は???26.8.16zoyohinin.fw
として相続申告後に税務調査されるかも。

H15~の税務調査は、「贈与ズミ」 or 「名義預金」をチェックする為と言っても過言ではありません。

特にマイナンバー制度により更に当面は分散財産を調べやすくなります。
昔と同じ感覚でいてはダメなのです。

 

贈与が成立するには 【 民法 549条・550条 】

age-mora5
 
 
上記の条件1~3の全てを満たしてはじめて贈与が成立し、
110万円の贈与基礎控除が活きるのです。
ya

つまり 

3つの条件を満たしていないと、
何年前から名義変更していても
単なる“ 贈与の予約 ”であって
贈与者の財産※として扱われてしまいます。
《参考ページ》
相続税申告と生前贈与の関係

 
※贈与者の財産となると・・・→ 相続税申告対象と遺産分割対象yk
   
 

当局や他の相続人に贈与成立を主張する為のポイント(抜粋)

預貯金など・・・・・下記など、8項目のうち最低1項目は満たす必要あり

 口座開設書類や買付け書類に名義人本人が自署しているか?

 名義人本人が住所・氏名の変更手続き出金した実績があるか? 

 銀行の届出は名義人がプライベートでも使っているか?

全財産

 自署などによる贈与契約書を作成しているか?

 受贈者の自署による贈与申告をしているか?

上場株・投資など・・・・・下記など、10項目のうち最低1項目は満たす必要あり

 買付・売付の実際指図人は誰か?(証券会社で10年間データ保存)

 配当金の実質受取人は?

自社株

 贈与時に譲渡承認議事録(取締役or株主総会)を作成しているか?(必須

 贈与契約書が無い場合、受贈後に配当金を受け取っているか?

 

保険・共済契約など

 契約者名義が誰であれ、保険料などの実質負担者の財産として扱われる。

 

 

税務調査への備え

bouei4

 

路線価から下げないと損!今すぐチェック
解決事例
  • 遺産分け編
  • 申告編
  • 土地評価編
  • 生産緑地編
相続ステーションへの相談・お問合せはこちら
相続ステーションへの相談・お問合せはこちら
PAGE TOP