配偶者の保有財産が多かったため、トータルの相続税を考えて遺産分割をしたケース

ご相談者様の状況

財産1億円をお持ちのお父様が他界され、相続人はお母様とご長男のお二人でした。

配偶者は1億6,000万円までは相続税がかからないことを知っていたため、すべてお母様が相続して相続税が発生しないようにと考えておられましたが、申告は必要とのことで当事務所へ相談に来られました。

相続ステーションの提案内容

お母様の財産状況をヒアリングしたところ、お父様と同等の財産をお持ちであることが分かったため、安易にお母様が全部相続すると今回の相続税は発生しなくても、二次相続の際の相続税が多額になることを説明したうえで一次・二次の相続税のトータル税額が最も少なくなる財産配分をシミュレーションしました。
結果、

① お母様がすべて相続した場合 

一次相続税      0円     二次相続税   4,860万円    合計 4,860万円

② お母様とご長男で1/2ずつ相続した場合

一次相続税   385万円     二次相続税   2,860万円    合計 3,245万円

③ お母様が一切相続しない場合

一次相続税   770万円     二次相続税   1,220万円    合計 1,990万円

となり、他の配分割合も検討しましたが、お母様が一切相続しないことがトータルの相続税は最少となることがわかったため、その内容で遺産分割協議をし、相続税申告をしました。

解決後の相談者の状況

当初の考えどおりであれば、今回の協議内容でいく場合よりも2,870万円もの税負担の増加が生じることに非常に驚かれていました。

平成27年度の相続税改正の内容は、一次相続の時よりも二次相続の相続税のほうが大きく影響しますので、一次・二次のトータルの相続税をきちんと把握しておくことが節税のポイントとなります。

 

どのくらい財産を分けるか決まらないケースの他の記事

解決事例の他の記事

金融資産・不動産ともに多いケースの他の記事

当事務所の解決事例を検索する

分野別

お悩み別

路線価から下げないと損!今すぐチェック
PAGE TOP