遺産分割協議の提案/遺産分割検討表を作成

遺産分割協議の提案/遺産分割検討表を作成

当事務所は遺産分割にかなり力点を置いています。それは、①相続税をできるだけ自腹をきることなく納税できるように②相続した財産の管理に不具合が生じないように③次の相続税や将来の認知症リスクも考慮すべき と考えているからです。その為には【遺産分割検討表】を使って説明し、遺産分割の民法上の手法なども解説・提案しています。

遺産分割協議の提案/(6)遺産分割検討表を作成

遺産分割検討表

相続人全員での遺産分割協議に用いる遺産分割検討表です。
この表にはご覧のとおり一般的な財産の所在地や相続評価だけでなく、

  • (イ)財産ごとに必要な「個別相続税」を表記し、納税資金が不足するような遺産分割にならないように注意を促します。
  • (ロ)相続評価以外の時価や全相続人が納得のいく価値基準である「遺産分割価値」も表記し、後悔のない遺産分割に導きます。
  • (ハ)「相続税割合」も表記し(イ)の「個別相続税」の根拠としています。
  • (ニ)各人ごとに相続した金融資産や代償金から相続税を差引いた「差引手取額」も表記し、安心感につなげています。
  • この他、地続きの土地で建物が越境して建っている場合、セット相続や分筆相続などをオススメする文言を表記する場合もございます。
  • もちろん「1次相続税+2次相続税の合計相続税を節税」する為に配偶者の相続割合のベスト提案も行います。

大阪梅田駅直結

初回相談無料

事前予約/平日 9:30〜19:30/土曜 9:30〜17:30