『法定相続情報証明制度』が、2017年(H29)5月末~スタートします。

この『法定相続情報証明制度』を使えば、相続手続きの為の戸籍収集が何セットも必要だったのが、1セット収集して『法定相続情報一覧図』を作成の上、法務局に提出すれば下記のように法務局が “認証(証明)印” を押した書類を無料で発行してくれる仕組みです。

これを銀行や証券会社、法務局への提出分など必要な部数を発行してもらえば面倒だった戸籍収集は一部で済むようになります。

尚、当社では、2017年(H29)6月~上記の『認証文付き法定相続情報一覧図』の証明書の取得代行サービスを受け付ける予定をしております。

法定相続情報証明制度の手続きの流れ(イメージ)参考:法務局

【1】申出(法定相続人又は代理人)
【1】-1 戸除籍謄本等を収集
【1】-2 法定相続情報一覧図の作成
【3】-3 申出
 
【2】確認・交付(登記所)
【2】-1 登記官による確認、
     法定相続情報一覧図の保管
【2】-2 認証文付き法定相続情報一覧図の写しの
     交付、戸除籍謄本等の返却
 
【3】利用
【3】各種の相続手続への利用
戸籍の束の代わりに各種手続きにおいて提出することが可能になる(放棄や遺産分割協議の書類は別途必要)
路線価から下げないと損!今すぐチェック
解決事例
  • 遺産分け編
  • 申告編
  • 土地評価編
  • 生産緑地編
相続ステーションへの相談・お問合せはこちら
相続ステーションへの相談・お問合せはこちら
PAGE TOP