土地を売却して現金化したい場合の解決事例

●相続した財産を売却し、相続税を支払いましたが所得税も支払わなければならないのでしょうか?

相続税の申告期限の翌日から3年以内に売却した場合、所得税の譲渡所得を計算するときは支払った相続税のうち一定額を譲渡資産の原価に加算することができます。

本ケースに関して、相続ステーションからの提案・解決方法はこちらから>>

●相続人が苦労しそうな老朽貸家、貸地・小作地があったケース

お父様が他界され、相続人は同居の長男の他に、離れて暮らす二男・三男の計3人。
被相続人の財産は、不動産は自宅・貸地3ヵ所・貸家3軒、預貯金は約8000万円。

貸地・貸家は自宅周辺にあり、不動産は全て長男が相続し、預貯金を二男・三男が中心に相続する方向で考えてはいたものの、貸地や貸家の現況を踏まえて預貯金をどう分割されるかで悩まれ、相談に来られた。

本ケースに関して、相続ステーションからの提案・解決方法はこちらから>>

●不動産の共有相続は避けたい

兄弟姉妹との共有相続は、将来に兄弟姉妹の子供同士でのトラブルの元になります。

本ケースに関して、相続ステーションからの提案・解決方法はこちらから>>

●持っていた建物と土地を売った結果、相続税の負担が減少した事例

賃貸用建物と土地を所有(テナント賃貸)

1. 建物の固定資産評価が高額・収益赤字・取壊し費用莫大
2. 土地も整形地で高額

固定資産税が居住用ではないため非常に高額であるにもかかわらず、入居率が非常に悪く、実質持ち出しになっている。将来の取り壊し費用も不安。
また、相続税の評価額も高額であるが、その値段で売却できない。
どうすればいいでしょうか?

本ケースに関して、相続ステーションからの提案・解決方法はこちらから>>

 

土地を売却して現金化したい場合の無料相談実施中

相続税申告、相続手続きや遺言書作成など相続に関わるご相談は相続ステーションにお任せ下さい。
相続ステーションの税理士が親切丁寧にご相談に対応させていただきますので、まずは初回無料相談をご利用ください。
財産規模に関わらず出張相談も承っておりますので、お気軽にご相談ください。

 

当事務所の解決事例を検索する

分野別

お悩み別

路線価から下げないと損!今すぐチェック
PAGE TOP