給与支払いによる資金分散は確実に

個人事業主が妻や子に専従者給与を支払ったり、同族会社が役員給与を支払うことはよくあります。
顧問の税理士は、帳面上での経費処理を指導しますが、相続時には実際支払われてきたか否かが問題になります。

弊社が確定申告を承っている方に申し上げているのは、
給与を受取る方の筆跡で開設している銀行預金口座への振込みです。

相続分野で要求されるのは「形式」ではなく「実態」です。
もし過去給与に支払いの実態が伴っていない方は、
手遅れになる前にご相談ください。

jisho

chokin_tsuchou-1

カテゴリメニュー

相続 知恵袋
解決事例
お客様の声
メディア掲載

無料相談で手続きの流れが分かる資料を無料贈呈

無料相談予約をする
電話相談はこちら

受付事前ご予約/平日 9:30〜19:30/土曜 9:30〜17:30