賃貸収入の移転ほか

賃貸収入の移転

プライベートカンパニーの活用

管理型法人ではなく所有型法人へ
 個人増税・法人減税の流れの享受
 資金の分散
 所有や新築してから3年経過すれば株価対策にも

 節税イメージ図をクリックすると大きくなります↓

tatemeihenimage

 

「プライベートカンパニー3形態の比較表」はこちら>>

 

賃貸建物を子や孫へ「暦年贈与」又は「相続時精算課税贈与」し、貸主変更。

 贈与後の賃貸収入は子や孫のもの
 ◆シャッターガレージ・貸店舗・貸工場・貸倉庫・古めのアパートに

isan_souzoku

生産緑地の将来予測

 平成4年から三大都市圏でスタートした生産緑地制度ですが、相続が発生していなくても指定から30年で転用の制限が解除されます。
そのため、平成34年以降は、生産緑地の転用や売却が急増する可能性があります。 
折しも、東京オリンピックの2年後という不動産ブームの終焉が予測される時期にあたります。
 転用して、賃貸マンションの新築が増えれば、周辺の古いマンション賃料に影響を及ぼす可能性があります。
 売却農地が増えれば、周辺の地価に影響を及ぼす可能性もありますので、生産緑地オーナーや、周辺土地オーナーは注意が必要です。

 

ご参考ページ
生産緑地のコンサルティング

路線価から下げないと損!今すぐチェック
解決事例
  • 遺産分け編
  • 申告編
  • 土地評価編
  • 生産緑地編
相続ステーションへの相談・お問合せはこちら
相続ステーションへの相談・お問合せはこちら
PAGE TOP