税務的な相続手続きのポイントのイメージ図

大相続時代は下記のポイントを考慮した節税を!

相続手続きは下記のトラブル要素を防ぎながら10ヶ月でまとめ上げる熟練性要求されます。

遺産範囲を誤らないか 税理士のスキルに差 土地評価が大切
妻や子名義にしている預貯金・株・保険契約などは、マイナンバー時代でも守れるか? 孫への贈与を否認されると孫は相続できないことを留意しているか          etc. 路線価や固定資産税評価額からどれだけ減算できるかがポイント 遺産分割や相続税額に影響大 etc.
マイナンバーを用いた税務調査のポイントを意識 特に24種の土地の評価は要注意
1次・2次相続ともに遺産分割でつまづかないようにできているか
相続発生しても全員に実印をもらい廻らなくても済むようにしているか 相続納税や借入返済、2次相続税を考慮した遺産分割が大切 etc.
死亡保険金や公正証書遺言をしていない遺産の相続は油断大敵

相続税の節税は選ぶ税理士で変わる!申告や対策の方法を税理士法人が解説

遺言書で解決できた16のケース●相続手続きと相続税申告をスムーズにする為

相続ステーションの特徴

税務調査のポイント

贈与が否認されない為に

お母様名義でも「お父様の遺産では?」と言われる理由

土地評価で節税をする為に

2018.1~『地積規模の大きな宅地』の評価

相続税の還付

遺産相続の注意点 ・ 遺言が必要なケース ・ 相続手続きの流れ

相続ステーションより

相続におけるトラブルの原因は①重視している相続申告の対象財産 ②評価 ③遺産分割 の三種に分けられます。当事務所では初めての方にも難しい法律的な内容もできるだけ分かりやすく、様々なオリジナルペーパーを用いて理解しやすい説明を心がけています。

無料相談予約をする
電話相談はこちら

平日 9:30〜19:30/土曜 9:30〜17:30