相続税申告が必要or不要 ~判断の落とし穴~

「課税価格」が「基礎控除」を超える場合に、相続税申告が必要です。

遺産

総額
注 !
被相続人の
債務・葬式
費用
相続人に対する
前3年以内贈与
及び
精算課税贈与財産

課税

価格

課税価格 基礎控除額    

   基 礎 控 除 額  は、
3,000万円+600万円×法定相続人の です。

法定相続人の数 基 礎 控 除 額

2 人

4,200万円
3 人  4,800万円 
4 人  5,400万円 

  

 判断の落とし穴

注!ワケ

次の①~③相続税額の増減に直結する項目は行政書士・司法書士系の相続事務所などでは判断できないと思われます。 相続税が気になる方は、相続税務のスペシャリストである弊社にご相談下さい。

 

「課税価格」が「基礎控除」を下回っていても、安心はできません。
税務当局による財産情報の把握は年々進化(?)していて過去10年間の預貯金の入出金履歴は職権で入手できるようになっており、直前出金預金の名義分散などの小手先の対処は通用しなくなっているのが現実です。
 

② 土地評価の際、国税局発表の「路線価」を使って計算しても、評価をした人のスキルにより評価額・相続税額は増減します。
 

配偶者の税額軽減」 や 「居住用宅地の特例」 を受けるためには、遺産分割協議の成立と相続税申告が必須です。行政書士・司法書士・信託銀行では相続税の申告はできませんのでご注意下さい。
 

参考ページ

相続の税務調査
贈与が否認されるケース
お母様名義でも「お父様の遺産では?!」と言われる理由
土地評価は特に大切
同業他社の傾向

 

相続税は税理士選びで変わる  

とにかく一日も早くご相談下さい。

 

 

(参考)相続税額 早見表

hayami270831mn.fw

★配偶者軽減後の税額です。

 

 

路線価から下げないと損!今すぐチェック
解決事例
  • 遺産分け編
  • 申告編
  • 土地評価編
  • 生産緑地編
相続ステーションへの相談・お問合せはこちら
相続ステーションへの相談・お問合せはこちら
PAGE TOP