相続人に子供がいないケース

【ご相談者様の状況】困っている点

  • 被相続人:父
  • 相続人:結婚して子供のいる長女
  • 結婚して子供のいない二女
  • ・自宅不動産3,500万円+金融資産3,000万円の計6,500万円の遺産
  • ・遺言書なし
  • 配偶者である母はすでに死亡(2次相続)、姉妹2人で遺産分割協議をすることに。
  • それぞれ50代で自身の相続の事をふまえて遺産分割協議をするにはどうしたらよいか。

【相続ステーションからの解決提案】

  • ・子供のいない二女がもし亡くなった場合は父の財産が夫や、さらには夫の兄弟が相続してしまうこととなり懸念するのであれば二女夫妻の遺言の作成必須。
  • ・同居している長女が自宅不動産を相続した方が、自宅土地約2,000万円の評価減、節税効果約200万円。

などの事をアドバイス・ご提案しました。

私たちは遺産の分け方について、税法上のメリット・デメリットや3次相続のことまでを考えたプランニングをご提示しつつ相続人同士でお話を進めていくこととなります。

【解決後のご相談者の状況】

相続税の申告にあたっては、遺産分割協議は税額にも影響を与える大切なプロセスの一つです。

3次相続を考えた場合には相続人の年齢はまだ若いものの、万が一の応急処置としての自筆証書遺言の作成を経て、民法改正後に改めて自筆証書遺言を作成に挑戦されるとのことで、心配事が解消されてとても安心されておりました。

このように、各種法律の最新の情報をお伝えするとともに私どもの提案内容も日々更新されております。

カテゴリメニュー

相続 知恵袋
解決事例
お客様の声

大阪梅田駅直結

初回相談無料

事前予約/平日 9:30〜19:30/土曜 9:30〜17:30