株や投資信託など時価が変動する遺産が多かったため、早急に遺産分割をしたケース

ご相談者様の状況

お父様が他界され、相続人は子供3人、遺産は金融資産のみであったため遺産分割ももめることなく、均等に分けようと話をされていました。

遺産額が基礎控除を上回っていたため、相続税の申告について当事務所へ相談に来られましたが、相続人たちの仕事が忙しかったため、申告期限である10ヶ月を目途にゆっくりと進めてくれればよいとおっしゃられました。

相続ステーションからの提案内容

遺産の内容をお聞きすると金融資産のみではありましたが、そのほとんど有価証券であったため、申告はゆっくりでもいいが遺産分割だけは早めにすることをオススメしました。

有価証券は日々時価変動するものであり、遺産分割・相続手続きをしないと証券の売却もできないことから、急な時価下落などに対応できないことを説明しました。

相続人は全員仕事で忙しく時間が取れないため、当事務所が相続手続きを代行し、遺産分割だけ早急に進めるように対応しました。

解決後のご相談者様の状況

遺産分割・相続手続きを早急に進めた結果、相続開始から2ヶ月後には相続人へ名義変更が完了し、その後の急激な下落相場も何とか対処することができました。

申告期限10ヶ月を目途にのんびりしていると、かなり大損してしまうところだったので、当事務所の提案に非常に喜ばれておりました。

相続手続き(名義変更)は必要書類を揃えて提出してから約1ヶ月前後はかかりますので、慌てて手続をし出しても、手続き中に損失がどんどん膨らんでいくということもあり得ます。

時価変動のあるものは早急に手続きを進めることを当事務所では提案しています。

解決事例の他の記事

金融資産が多いケースの他の記事

当事務所の解決事例を検索する

分野別

お悩み別

路線価から下げないと損!今すぐチェック
PAGE TOP