相続節税 「建築計画書」の落し穴

最近、相続節税をうたった『○○建築計画書』を持参され、「この計画って得?」と相談されるお客様が増えてきました。

couple_kakei

そこで、その類の 『 建築計画書 』 に潜む典型的な落し穴を
4つピックアップしました。

① 賃料が1年目から30年目まで同じはありえない。
※「一括借上保証」 は 「家賃保証」 ではありません!
② 入居率が1年目も30年後も95~100%はありえない。
③ 借入の変動金利が30年間同じはありえない。
④ 修繕は10年目以降は入退室の都度に加え、15年目から外壁補助などで大幅に費用がかさむ。

「 相続税対策になるから得ですよ! 」 という助言をする方にはご注意を。などなどです。
賃貸経営は、特に築20年を過ぎたあたりから収支が急速に悪化する例が多いと思われます。
税理士になって、5年や10年の方はきっとその様な事実を知らないでしょう。

節税額よりも財産を減らす額の方が大きいかもしれません。  

関連するページは 

不動産相続は選別の時代に
賃貸経営クリニック

をご覧ください。

カテゴリメニュー

相続 知恵袋
解決事例
お客様の声
メディア掲載

無料相談で手続きの流れが分かる資料を無料贈呈

無料相談予約をする
電話相談はこちら

受付事前ご予約/平日 9:30〜19:30/土曜 9:30〜17:30