不動産相続は「選別」の時代に

国土交通省が発表した下記のレポート「国土の長期展望~」から不動産オーナーが考えるべき今後の方向性がみえてきます。
これからは、「量を守る」(ストック)から「お金を産ます」(フロー)への方向転換が大切です。

◆既に住宅ストックが余っている上、広い住宅が必要な人口(家族世帯)が急速に減少していきます。

 

fudousansenbetsu

・家族世帯を前提にしている戸建住宅の需要が減少により『選別の二極化』が進み、地価が下落
・広めの賃貸住宅系は供給過剰により、賃料・入居率ともにますます低下賃貸収入ダウン)の傾向。
・特に平成34年には一斉に生産緑地の利用制限が満了するので売却土地が大幅な増加の可能性大。

 

不動産オーナーの対応

★ 日本の人口減少は避けられない現実のようです。

★ 団塊の世代が大量に住宅を欲したことで始まったバブル再来の夢は捨てて、上記の国土交通省レポートを真摯に受け止める。

★ 冷静に所有の更地・貸地・田畑・賃貸建物等立地や将来性を考える。

★ 子や孫たちに負わす将来保有コスト(固定資産税相続税修繕費)や金利上昇等に留意。
   『相続税回収年数』や『収支利回り』という経営感覚を持つことが大切。

使用画像2

まず

1)活用していない土地は投資効率重視で活用を検討し、リターンが悪ければ売却換金の上、その資金にて効率や分け易い資金に転換。

2)賃貸中の物件も現状維持 or リノベーション用途変更)or 転換換金)すべきかを検討。

弊社は、賃貸経営管理士資格・宅建免許などにより活用のコンサルティングや売却仲介を承っております。お気軽にご相談ください。

 

 

路線価から下げないと損!今すぐチェック
解決事例
  • 遺産分け編
  • 申告編
  • 土地評価編
  • 生産緑地編
相続ステーションへの相談・お問合せはこちら
相続ステーションへの相談・お問合せはこちら
PAGE TOP