不動産オーナーの対応策 特に「広大地評価」廃止の影響を受ける方は必須

土地ごとの相続準備

まず、新方式での土地評価と相続人ごとの相続税を試算。

『税理士により評価に差が出る24種に該当する土地がある場合の土地評価は、不動産免許を併せ持つ税理士事務所に任せる。

ご参考ページ
 上手な土地評価で相続税と遺産分け良いとこ取り!
 土地評価を下げる為の徹底調査!

一筆地を複数の相続人に分けて相続させる場合は、相続発生前に分筆を済ませておく。

昔からの貸地や小作地は相続税に見合う収入はあまり期待できません。
 以下の4種類の方法から早目の対応を。
 底地を売却
 借地権を買取り
 借地権と敷地権を交換
 借地権と底地を共同売却

兄弟姉妹や叔父叔母との共有不動産がある場合は、相続発生前や共有者死亡前につの手法のいずれかで解決しておいて流動性を高めておく。
ご参考ページ
 共有不動産は解決しましょう!

多くの生産緑地は、「広大地評価」廃止の影響を多大に受けます。
 必ず、新方式で相続税試算をしておきましょう。又、自分は所有してなくて周辺に生産緑地があるという方は、地価や賃料に影響を受ける可能性が高いので油断禁物です。

 ご参考ページ
 生産緑地のコンサルティング

 

遺言作成

「広大地評価」廃止に伴う相続増税により、遺産分割協議が更にシビアになるので、遺言の必要性がアップ。

賃貸収入を巡っての争いの防止に

財産管理や借金の承継、遺留分の弁済方法、2次相続税も考慮してつくる。

ご参考ページ
遺言が必要なケース

 

賃貸経営者の変更・・・・・評価対策・争続対策・所得移転・認知症対策

賃貸建物や評価が上がる土地を子や孫へ「暦年贈与」又は「相続時精算課税贈与
 ⇒ 贈与後の賃貸収入は子や孫のものに。土地贈与は評価上昇を凍結する効果も。

プライベートカンパニー(法人)の活用
 ⇒ 賃貸建物を現物出資や売買によりプライベートカンパニー名義に変更。

ご参考ページ
不動産賃貸は法人で
節税イメージ図

 

有効活用

活用による収益性アップや評価額下げを検討。(企画コンペなど)

「節税発想」ではなく、「投資効率」や「利回り」を大切に考えましょう。
ご参考ページ
賃貸経営クリニック

建築会社から提示された事業計画書の精度や安全性、賃貸契約案などについて第三者として客観的に助言するアドバイザリー業務を承っております。

収益性を重視したベストな活用方法をお考えの場合は、複数の建築会社による企画コンペ方式がオススメです。

       

売却

「広大地評価」廃止に伴う相続増税により、収益性の低い不動産は一層維持が難しくなりました。

活用しても採算の良くない土地

土地は譲渡所得税率・住民税率(現行合計20%)がアップしたり、人口減が顕著になる前に売却を。 過去の土地譲渡税率の変遷についてはこちら(財務省のHPより抜粋)>>>

土地を換金される場合、複数の買取業者による不動産オークションオススメです。特に、戸建・マンション分譲用地向きの土地売却に有効です。
ご参考ページ
相続した家を売却してお金で分け易くなった!

一棟マンション・ビル・文化住宅の売却をお考えの方には、複数の投資家に買取価格競争をしていただく方法がオススメです。
ご参考ページ
不動産の活性化

 

路線価から下げないと損!今すぐチェック
解決事例
  • 遺産分け編
  • 申告編
  • 土地評価編
  • 生産緑地編
相続ステーションへの相談・お問合せはこちら
相続ステーションへの相談・お問合せはこちら
PAGE TOP