節税したいケースでの解決事例

●上手な土地評価で相続節税と遺産分け良いとこ取り!

土地相続税の節税は、“路線価”から 何%補正できるかがポイント!

hosein.fw

seichitochi

節税したい方はまずこちらをご覧ください>>

 

●子の1人が祖父母や父母と同居していたケース

相続税の特例である「居住用宅地の特例」を適用して大巾な相続節税を実現しましょう。
その為には、遺産分けをスムーズに進める必要があります。

本ケースに関して、相続ステーションからの提案・解決方法はこちらから>>

 

●配偶者の保有財産が多かったため、トータルの相続税を考えて遺産分割をしたケース

財産1億円をお持ちのお父様が他界され、相続人はお母様とご長男のお二人でした。

配偶者は1億6,000万円までは相続税がかからないことを知っていたため、すべてお母様が相続して相続税が発生しないようにと考えておられましたが、申告は必要とのことで当事務所へ相談に来られました。

本ケースに関して、相続ステーションからの提案・解決方法はこちらから>>

 

●Q2. どういう相続であれば特にメリットがありますか。

当社はこれまでの経験により、高い土地評価能力を有しています。相続財産に高い割合を占める土地の評価によって相続税だけではなく、遺産分割協議もかなり変わってきます。

本ケースに関して、相続ステーションからの詳しい回答はこちらから>>

 

●養子縁組をして、相続税が節税できたケース

相続人は、娘一人。基礎控除額は3600万円。税率ステージ30%で、相続税額は1382万円。
相続税の事を心配して、相談にこられました。

相続財産は、大阪市内の土地と建物と金融資産の合計1億540万円です。

本ケースに関して、相続ステーションからの提案・解決方法はこちらから>>

 

●【相続解決事例】相続人の仲が良くないケース

仲の良くない兄弟姉妹で「仲良く話し合い」というのは土台無理な話です。

本来は公正証書遺言を作成しておくべきですが、遺言もなく相続発生した場合は・・・・・

本ケースに関して、相続ステーションからの提案・解決方法はこちらから>>

 

●将来線引き変更予定の土地を生前贈与して相続税が節税できたケース

枚方市内にお住いの、女性の相続税生前相談事例です。
財産は、枚方市内の土地と建物と金融資産の合計4億3260万円(相続開始時)
相続人は、娘2人。基礎控除額は4200万円。

相続税の事を心配して、相談にこられた。

本ケースに関して、相続ステーションからの提案・解決方法はこちらから>>

 

●非上場株について。死亡退職金を支払ったケース

奈良市内にお住いの、男性の相続事例。
金融資産が多くなく、相続税の事を心配して相談にこられた。
財産は、奈良市ほか関西の土地と建物、非上場株式、金融資産の合計2億3400万円(対策前)
相続人は、子3人。基礎控除額は4800万円。 税率ステージ30%で、相続税額は3,480万円。

本ケースに関して、相続ステーションからの提案・解決方法はこちらから>>

 

●含み損実現と会社への貸付債権放棄を組み合わせて相続税を節税したケース

滋賀県在住の女性からの相談。
夫から引き継いだ会社は、バブル時代に購入した不動産が多い上、夫が残した会社への貸付金1億5百万円が残っている。

貸付金を含む遺産総額は2億2,630万円、会社の株価は0円、推定相続人の数2人。
今のままでは相続税が4,129万円かかると言われた。

自分には年金収入が少なく、貯金を切り崩してゆく生活である中、将来自分に相続が発生した場合、貸付債権に対する相続税が支払えるのか不安で相談に来られた。

本ケースに関して、相続ステーションからの提案・解決方法はこちらから>>

節税したいケースの無料相談実施中

相続税申告、相続手続きや遺言書作成など相続に関わるご相談は相続ステーションにお任せ下さい。
相続ステーションの税理士が親切丁寧にご相談に対応させていただきますので、まずは初回無料相談をご利用ください。
財産規模に関わらず出張相談も承っておりますので、お気軽にご相談ください。

 

当事務所の解決事例を検索する

分野別

お悩み別

路線価から下げないと損!今すぐチェック
PAGE TOP