【土地評価事例】固定資産評価を修正し、相続税評価を減額

jre-15hyokachi

 

 

 

■土地面積/約 892.00 m2
■状況/倍率地域にある雑種地

 

 

 

  状 況 相続評価
当初の評価  市役所の固定資産税評価を鵜呑みにし、 単に倍率を乗じていただけ。 2,149万円 
相続ステーション®の評価  標準地の選定や地目の認定の誤り、 減価要因 の見落としを市役所に指摘したことにより、 固定資産税評価額が更正され、その結果、 相続評価も適正化されたケースです。市街化区域でも、よくあることです。 644万円 

相続評価の差

(相続税額の差)

 

1,505万円

(602万円) 

 

 

このほかの事例

【土地評価事例】 形の良くない土地 
【土地評価事例】 道路と地面の間に高低差がある土地
【土地評価事例】 道路に提供している土地
【土地評価事例】 道路との間に水路を挟んでいる土地
【土地評価事例】 間口の狭い土地や奥行きの長い土地
【土地評価事例】 路線価の無い私道に面した土地
【土地評価事例】 路線価のない公道に面した土地
【土地評価事例】 上手な土地評価で相続税と遺産分け良いとこ取り!
【土地評価事例】 区分評価で路線価から大幅減額
【土地評価事例】 なだらかに傾斜している土地
【土地評価事例】 自宅敷地での広大地評価の適用
【土地評価事例】 アパート敷地での広大地評価の適用
【土地評価事例】 空中に高圧線が通っている土地
【土地評価事例】 容積率の違いで路線価から減額
【土地評価事例】 固定資産評価を修正し、相続税評価を減額

 

 

相続ステーションへの相談・お問合せはこちら
相続ステーションへの相談・お問合せはこちら
PAGE TOP