税務署による銀行残高照会について

相続税申告の内容について、税務署はあの手この手で、モレが無いか?不可思議な点が無いか?まず情報収集します。
その上で、「おやっ?」と思う点があれば更に深堀りしてきます。
その収集方法の一つが、最寄りや取引してそうな金融機関の本店に対する『預貯金等照合書』です。 
内容を大ざっぱに言うと、

  • ①被相続人とその配偶者を対象に
  • ②被相続人死亡日の3年前、死亡日、相続申告期限 の各日の
  • 預金・国債・投資信託・金・保険の残高
  • 口座開設日、名義人の生年月日届出住所
  • ⑤貸金庫の有無と開庫代理人の氏名
  • などです。

特に、色文字部分は目を光らせるポイントです。
“おやっ?”と思えば過去5~10年に遡って本格調査です。
最近の税務署はFBI並みです。
次善の策をとっておきたい方は早めにご相談ください。
⇒ 税務調査のポイント
⇒ 万全の税務調査対策

カテゴリメニュー

相続 知恵袋
解決事例
お客様の声

大阪梅田駅直結

初回相談無料

事前予約/平日 9:30〜19:30/土曜 9:30〜17:30