固定資産評価の修正と相続土地評価の減額

H25.7.12 最高裁が、
登録価格(=固定資産評価額)が評価基準によって決定される額を上回る場合には・・・・・違法
との、画期的な判決を下しました。
評価額が誤っていないか検証するには、単に「高い」というだけでなく次のチェックが重要となります。
 

固定資産評価のチェックポイント
市や都道府県の『固定資産 土地評価要領』を入手した上で、
 道路になっている部分はないか?
 『評価要領』どおりに算出されているか?
 補正要因に見落としはないか?
 課税地目に誤りはないか?
 固定資産税路線価の適用は正しいか?
 ●固定資産税路線価が標準地と正しく比較されているか?
         ・・・・・,etc.

 

 一度しっかりチェックしておけば固定資産税減額の効果はロングランです。
相続登記の際の登録免許税も少し安くなるオマケも期待できます。
 特に相続税評価額の算出方法が倍率方式固定資産税評価×指定倍率)に決められている土地は、上記のチェックにより固定資産評価の「減額」や「補正」が出来れば

ya2270810.fw

相続土地評価が減額

ya2270810.fw

相続税が節税

ya2270810.fw

本来、非課税とすべき部分に課税されていないか、評価の補正要因が洩れていないかなど、「土地相続の対策」や「相続手続き」とセットで承っております。

お気軽にご相談ください。

ayamaripoint.fw

↑もご覧ください。

相続ステーションへの相談・お問合せはこちら
相続ステーションへの相談・お問合せはこちら
PAGE TOP