上手な土地評価で相続節税と遺産分け良いとこ取り!

土地相続での節税は、“路線価”から 何%補正できるかがポイント!

bairitsu

hosein.fw

seichitochi

路線価から補正できる理由

<路線価>は・・・  そもそも“道路”に付けられているもので、その道路沿いにある「土地の標準単価」に過ぎず、皆さま個々の土地の形や個別の法的利用制限等は考慮されてなく、独自に路線価を補正してこそ正しいm2単価となります。
 

そこで、土地評価の際には、

【1】個別事情や法的制限を見つける不動産知識
【2】路線価を補正するを技術
【3】当局を説得できる図面づくりや法令の提示ができるか

が重要となる訳です。

「土地評価を下げる為の徹底調査!」のページはこちら>>>

 
※ 固定資産税評価に倍率を乗じる倍率方式の土地評価については、
「固定資産評価の修正と相続評価の減額」をご参照ください。

 

でも補正するには不動産に対する「知識」や評価の経験数が求められる上、
税務当局に対する表現力が重要と言えます。

 自治体による国土調査(測量)の完了地(又は、実施予定のエリア)の地積は要注意です。

hoseitara2.fw

■土地を高く評価して相続税過払いになっていても当局からは何も連絡はくれません。

過払いの相続税は、土地を再評価し、還付の請求手続き(申告期限から5年以内)をすれば返金してくれます。
★当社再評価に基づく過払い相続税の還付は、H7年~の20年間で350件超、還付額は1件当/平均約1500万円にのぼります。

fgaiya.fw

jissai15jirei

kanpumniau.fw

■土地評価を下げられないと、他の相続人から「良い土地を相続」と誤解されたまま遺産分割協議に臨むことになるので、不利になりがちです。

たとえ土地評価の誤りが後日判明しても、遺産分割の再協議はできません

使用画像2

あなたの土地もあてはまる?税理士によって評価に差が出る24種の土地

土地評価を下げる重要性についてご覧いただけましたでしょうか?

ご覧頂けた方は土地評価を下げる重要性と、お持ちの土地の評価が下がるかもしれないということがお分かりになったかと思います。 ご自身の土地が24種のどれかにあてはまるか否か是非チェックしてみて下さい。

ひとつでも当てはまれば相続税の節税ができるため、思い当たる方はぜひ一度ご相談ください。 

 

↓↓↓あなたの土地が当てはまるか今すぐチェック↓↓↓

 

bouei5.fw

解決事例

【土地評価事例】 形の良くない土地 
【土地評価事例】 道路と地面の間に高低差がある土地
【土地評価事例】 道路に提供している土地
【土地評価事例】 道路との間に水路を挟んでいる土地
【土地評価事例】 間口の狭い土地や奥行きの長い土地
【土地評価事例】 路線価の無い私道に面した土地
【土地評価事例】 路線価のない公道に面した土地
【土地評価事例】 上手な土地評価で相続税と遺産分け良いとこ取り!
【土地評価事例】 区分評価で路線価から大幅減額
【土地評価事例】 なだらかに傾斜している土地
【土地評価事例】 自宅敷地での広大地評価の適用
【土地評価事例】 アパート敷地での広大地評価の適用
【土地評価事例】 空中に高圧線が通っている土地
【土地評価事例】 容積率の違いで路線価から減額
【土地評価事例】 固定資産評価を修正し、相続税評価を減額

 

  ●<参考>

 土地評価の実際【事例集】

 使えると大幅節税!「広大地」の評価手法

 当社の相続手続・相続ステーションの7つの強み

路線価から下げないと損!今すぐチェック
解決事例
  • 遺産分け編
  • 申告編
  • 土地評価編
  • 生産緑地編
相続ステーションへの相談・お問合せはこちら
相続ステーションへの相談・お問合せはこちら
PAGE TOP