上手な土地評価で相続節税と遺産分け良いとこ取り!

土地相続での節税は、“路線価”から 何%補正できるかがポイント!

bairitsu

hosein.fw

seichitochi

路線価から補正できる理由

<路線価>は・・・  そもそも“道路”に付けられているもので、その道路沿いにある「土地の標準単価」に過ぎず、皆さま個々の土地の形や個別の法的利用制限等は考慮されてなく、独自に路線価を補正してこそ正しいm2単価となります。
 

そこで、土地評価の際には、

【1】個別事情や法的制限を見つける不動産知識
【2】路線価を補正するを技術
【3】当局を説得できる図面づくりや法令の提示ができるか

が重要となる訳です。

「土地評価を下げる為の徹底調査!」のページはこちら>>>

 
※ 固定資産税評価に倍率を乗じる倍率方式の土地評価については、
「固定資産評価の修正と相続評価の減額」をご参照ください。

 

でも補正するには不動産に対する「知識」や評価の経験数が求められる上、
税務当局に対する表現力が重要と言えます。

 自治体による国土調査(測量)の完了地(又は、実施予定のエリア)の地積は要注意です。

hoseitara2.fw

■土地を高く評価して相続税過払いになっていても当局からは何も連絡はくれません。

過払いの相続税は、土地を再評価し、還付の請求手続き(申告期限から5年以内)をすれば返金してくれます。
★当社再評価に基づく過払い相続税の還付は、H7年~の20年間で350件超、還付額は1件当/平均約1500万円にのぼります。

fgaiya.fw

jissai15jirei

kanpumniau.fw

■土地評価を下げられないと、他の相続人から「良い土地を相続」と誤解されたまま遺産分割協議に臨むことになるので、不利になりがちです。

たとえ土地評価の誤りが後日判明しても、遺産分割の再協議はできません

使用画像2

bouei5.fw

使用画像2

評価を下げられる 土地 24種

() 形の良くない土地(正方形や長方形でない土地)
1ktng

 

() 間口の狭い土地&奥行が長い土地

2mgchsm 2oknag

 

() 車が対向できないほどの狭い道に面した土地
3carng

 

() 500㎡以上の住宅敷地・アパート・空地など
4ap500

 

() 市街化区域にある田・畑・山林・原野
5shgchi-den
生産緑地の評価についてはこちら>> 

 

() 私道に面した土地
6shido

 

() 無道路地(道路に接していない土地)
7mudoro

 

() 道路・通路提供している土地
8teikyodoro

 

() 区分利用している土地
9-2toijo

 

(10) がけ地 や 地面が傾斜している土地
10keisha

 

(11) 建物の建築・建替えが難しそうな土地

(12) 都市計画道路い土や区画整理の予定がある土地

(13) 道路との間に水路を挟んでいる土地
13suiro

 

(14) 道路と地面の間に高低差がある土地
14gkkotesa
 

(15) 路線価が付されていない道に面した土地

(16) 突き当たり道路に面した土地

(17) 土地の中に赤道(里道)や水路が通っている土地

(18) 庭内神祀(や地蔵尊など)がある土地

(19) 騒音・悪臭・土壌汚染・険悪施設により活用が難しい土地

(20) 前と後ろで容積率が変わる土地

(21) 空中に高圧電線が通っている土地
21koatsusen

 

(22) 隣接のビル・マンション建築時に建ぺい率・容積率を使ってしまっている空地

(23) 土砂災害警戒区域や急傾斜地崩壊指定区域にある土地

(24) 河川区域や宅地造成規制区域等にある土地

自治体による国土調査(測量)の完了地(又は、実施予定のエリア)の地積は要注意です。

 

  ●<参考>

 土地評価の実際【事例集】

 使えると大幅節税!「広大地」の評価手法

 当社の相続手続・相続ステーションの7つの強み

 

相続ステーションへの相談・お問合せはこちら
相続ステーションへの相談・お問合せはこちら
PAGE TOP