「【土地評価事例】」の検索結果

【土地評価事例】宅地化すると仮定すれば造成費が多額にかかる土地

■土地面積/約 380 ㎡ ■状況/田 状 況 相続評価 当初の評価 単純に路線価で評価 1,444万円  相続ステーション®の評価 造成費が多額過ぎる為に、宅地化不可能地として調整区域内土地の評価    47万円 相続評価の差 (相続税額の差)
続きを読む >>

【土地評価事例】同族法人が建物を建てている個人の土地

■土地面積/約 400 ㎡ ■状況/宅地 状 況 相続評価 当初の評価 単純に路線価で評価 5,800万円  相続ステーション®の評価 法人と個人の間で平成3年以降に締結した賃貸借契約の地代の確認の結果、20%減額にて評価 4,640万円 相続評価の差 (相続
続きを読む >>

【土地評価事例】お墓の近くの土地

■土地面積/約 310.07 ㎡ ■状況/宅地 状 況 相続評価 当初の評価 路線価に面積を乗じただけの評価 5,258万円  相続ステーション®の評価 道路を挟んで墓地が向かい側にあり、墓地減額で追加補正(セットバック済み) 4,995万円  相続評価の差 (相続税額の差) 263万円  (
続きを読む >>

【土地評価事例】線路沿いの土地

■土地面積/約 2232.2 ㎡ ■状況/田 状 況 相続評価 当初の評価 普通に評価 9,930万円 相続ステーション®の評価 線路沿いの土地。騒音を計測した結果、鉄道用地から15m(1,155㎡)を騒音減額。 9,400万円 相続評価の差 (相
続きを読む >>

【土地評価事例】セットバック(中心後退)が必要な土地

車が対向できないほどの狭い道に面した土地 ■土地面積/約 300 ㎡ ■状況 セットバック必要 (相続税額の差) 状 況 相続評価 当初の評価 路線価通りでの評価 7,500万円  相続ステーション®の評価 セットバック(中心後退)10㎡考慮した評価 7,325万円  相続評価の差
続きを読む >>

【土地評価事例】2m未満の道に面した土地(建築基準法上の無道路地)

■土地面積/約 453 ㎡ ■状況/空地 (相続税額の差) 状 況 相続評価 当初の評価 狭い通路に付設されていた路線価をそのまま用いて評価 3,397万円  相続ステーション®の評価 幅員 1 mの通路では、建築基準法上の道路とならないことから、路線価を付設
続きを読む >>

【土地評価事例】固定資産評価を修正し、相続税評価を減額

■土地面積/約 892.00 ㎡ ■状況/倍率地域にある雑種地 状 況 相続評価 当初の評価 市役所の固定資産税評価を鵜呑みにし、 単に倍率を乗じていただけ。 2,149万円  相続ステーション®の評価 標準地の選定や地目の認定の誤り、 減価要因
続きを読む >>

【土地評価事例】空中に高圧線が通っている土地

■土地面積/約 675.7 ㎡ ■状況/貸家の敷地 状 況 相続評価 当初の評価 貸家建付け地のみの評価減 8,316万円  相続ステーション®の評価 敷地の一部が、高圧線の下になって おり、利用が制限されているので 追加補正。 4,079万円 
続きを読む >>

【土地評価事例】傾斜している土地

■土地面積/約 399 ㎡ ■状況/傾斜地 状 況 相続評価 当初の評価 単純に道路の路線価で評価 2,871万円  相続ステーション®の評価 地面が傾斜しているため、 整地費などの各種造成費を控除。 1,383万円 相続評価の差 (相続
続きを読む >>

【土地評価事例】容積率の違いで路線価から減額

■土地面積/約 980 ㎡ ■状況/途中で容積率が下がっている土地 状 況 相続評価 当初の評価 単純に路線価300千円を敷地全体(全面積) に使って評価 27,000万円  相続ステーション®の評価 容積率は土地の価額に影響を及ぼします。 容積率300%を
続きを読む >>

カテゴリメニュー

相続 知恵袋
解決事例
お客様の声

大阪梅田駅直結

初回相談無料

事前予約/平日 9:30〜19:30/土曜 9:30〜17:30