120年ぶりの民法大改正(予定)のハイライト

建物を賃貸する際に大家にとっては不利に改正されそうです。
そこで、ちょっと考えてみました。

①個人(=自然人)が借りていて退去する際に通常損耗(畳など)分は修理しなくてもよくなります。
⇒ ということは、法人に貸せば入居者の修繕義務は従来通りの可能性アリ。

②賃貸契約の連帯保証人が個人の場合は、保証額上限の明記が必要になりました。
⇒ ということは、連帯保証人を借家人の勤務先など法人になってもらえば、従来通りの可能性アリ。

カテゴリメニュー

相続 知恵袋
解決事例
お客様の声
メディア掲載

無料相談で手続きの流れが分かる資料を無料贈呈

無料相談予約をする
電話相談はこちら

受付事前ご予約/平日 9:30〜19:30/土曜 9:30〜17:30