遺言・相続対策のお役立ち情報

既に認知症などの状態にある場合

当社は、日本税理士会所定の後見研修の履修により後見制度活用の支援をさせていただております。 法定後見(後見・保佐・補助)手続きの流れ ※いったん審判が確定すると、回復しない限り成年後見制度そのものをやめることはできません。 ●申立てに必要な書類の準備 請求先(特に記載がなければ各1通) (1)医師の診断書 (家裁用フォーマット)
続きを読む >>

医療法人の贈与税の納税猶予

概要●『持分ある医療法人』が『持分ない医療法人』へ移行する際の “ 支援制度 ” ★~H32.9.末(2020年)までに下記の “ 認定医療法人 ” となっておくこと 『持分ある医療法人』の出資者のうち一部の人が持分放棄 同左 1人が持分放棄したことにより、他の出資者の持分価値が増加して放棄しなかった人が贈与を受けたとみなされる 同左 放棄しなかった人は価値増加に対する贈与税の納税義務が生じる 『
続きを読む >>

医療法人の相続税の納税猶予

概要●『持分ある医療法人』が『持分ない医療法人』へ移行する際の “ 支援制度 ” ★~H32.9.末(2020年)までに下記の “ 認定医療法人 ” となっておくこと 『持分ある医療法人』の出資者が死亡 同左 相続人などが出資持分を相続 同左 出資持分に対する相続税 相続人が出資持分を相続後に法人に対して持分放棄 納税資金ねん出の為に出資持分の払戻しを医療法人に請求 『持分ない医療法人』の移行完了
続きを読む >>

医師・歯科医師の相続対策12の注意点

● 財産を子・孫や配偶者に名義分散している場合、マイナンバー・財産債務調書(財産3億円以上)によりマークされる前に検証と対応を済ませておく。   ● 死亡保険・年金保険や満期保の受取人に問題ないかをチェック。   ● ドクター所有地で開業されている場合、後継者が特定事業用宅地特例(400㎡まで80%土地価額OFF)で節税するためには、相続開始まで院長変更はしない。 &
続きを読む >>

事業承継準備リスト

  事業承継対策の実行前にまずは準備済の項目や今後の準備予定項目をチェックしましょう。     項 目 整備状況・ 備考 【確認書類】 ・株主名簿  ・法人履歴事項  ・贈与契約書  ・取締役会議事録 □ 株主名簿の確認(実質所有者の確認)  
続きを読む >>

自社株納税猶予等の手続報酬一覧

項目・作成書類など 費用など (消費税別) 自社株の相続税の納税猶予手続き   ⇒自社株に係る相続税の納税猶予制度 相 続 前 相続前 「公正証書遺言」+「後継者の取締役登記」 遺言費用(5万円~+公証人実費)+登記実費 相 続 後 相続手続き時に経済産業局への 『認
続きを読む >>

自社株に係る贈与税の納税猶予制度

概要 納税猶予 税額 = 特例適用株式のみ 受贈したと仮定した 贈与税   ※ 議決権数の2/3を超えた部分に対する贈与は通常の暦年贈与課税。(←2018年に改正予定) (子・孫は精算課税贈与の選択可能)   要 件 1. 贈与者 【1】過去に代表者であった者。(贈与後も代表者以外の役員として給与の支払いOK。) 【2】
続きを読む >>

自社株に係る相続税の納税猶予制度

概 要 納税猶予税額 = 特例適用者は、 特例適用株式のみ相続したと仮定した相続税 ▲ 特例適用者は、 特例適用株式の20%のみ 相続したと仮定した相続税     (2018年の改正で100%猶予に?)     【要件】中小企業者のうち下記の要件を満たす会社の相続株式  1. 被相続人 【1】会社の代表者又は過去に代表者であ
続きを読む >>

事業承継対策の流れ

重要性一般にいう『事業承継』には、 (1)「財産権と経営権の承継」という側面と (2)企業理念や技術の伝承から捉えた「経営承継」 という2つの側面があります。(2)の対策は当然ながら、相続税改正を起因とする争続や自社株・事業用財産の分散リスクなどを考えれば、 (1)の対策も必須と言えます。特に自社株を分散させていたり、個人財産を会社に貸与・担保提供している場合は、   今後の支配権や法人運営に影響
続きを読む >>

事業承継メニュー一覧

法人オーナー向けの対策メニューです。下記以外の項目については『生前対策メニュー』をご覧下さい。 自社株対策 イ. 実質株主の検証  名簿上の株主について遺産分割の際や相続申告時のトラ  ブルが急増しています。 特に配当実績、株券発行、取締  役会議事録が無い場合は要注意です。 ご相談は、 5千円~1万円/30分        (30分未満切上) ※
続きを読む >>

路線価から下げないと損!今すぐチェック
解決事例
  • 遺産分け編
  • 申告編
  • 土地評価編
  • 生産緑地編
相続ステーションへの相談・お問合せはこちら
相続ステーションへの相談・お問合せはこちら
PAGE TOP