遺言・相続対策のお役立ち情報

Q1. 遺言はとても大事、といった話を最近よく聞きますが、 そんなに大事なのでしょうか?

A1. 死亡保険金や遺言記載の財産以外は、被相続人の死亡の瞬間から相続人全員の共有となり、様々な支障をきたしてしまいます。 キャッシュカードのない定期預金は、各銀行ごとの所定の書類に、相続人全員の戸籍や印鑑証明、サイン、実印押印を揃えて提出しない限り、出金や解約はできなくなります。 株・投信は、名義変更した後しか、売却・換金できません。 分割協議、名義変更などで時間を要している間に時価が下落し
続きを読む >>

Q&A遺言

Q1. 遺言はとても大事、といった話を最近よく聞きますが、そんなに大事なのでしょうか? Q2. どのようなケースの場合に遺言が必要か事例を教えてください Q3. 父は借金をしてアパート経営をしようとしていますが、遺言は必要ですか? 因みに他に青空駐車場も経営しています。 Q4. 遺言を誰かに信託(預ける)しておく必要ってあるのでしょうか? Q5. 公正証書遺言を作ってい
続きを読む >>

公正証書遺言の必要書類

1.遺言者 項目 必要書類等 通数 交付場所 備考 身分関係 戸籍謄本 1 本籍地 所在地 現在分のみ。抄本可。コピー可。 印鑑証明書原本(必須) 1 市役所 3ヶ月以内に限る。 実印(必須)     遺言当日のみ必要。 不動産 登記簿謄本・公図 1 法務局 コピー可。 所有者の住所・氏名に異動がな
続きを読む >>

法人設立・賃貸の法人化費用

相続税以外の申告・相談は?皆様より 「おたくは、相続関係の仕事だけ? 所得税や法人税の申告などはやっていないの?」とよく質問されます。 もちろんお受けさせていただいています。どうぞ安心してご相談ください。 ご依頼が多いケースは相続申告や還付手続に際して  被相続人に所得税等の納税義務がある場合の準確定申告    ●申告後は不動産所得が各相続人に分かれてしまうケースが多く、2年目くらいま
続きを読む >>

不動産賃貸は法人で

収益性の高い不動産賃貸経営は、 法人名義でされることをオススメします。 賃貸建物の法人化は、 ① 所得節税 ② 所得分散による相続節税 ③ オーナーの認知症対策 に極めて有効です。 (管理会社方式では①②の効果は薄いと思います。) ★節税イメージはこちら>> 建物を法人名義にする手法は、借金の有無や築年数により『現物出資』と『売買』を使い分け又は併用しますが、いずれの方
続きを読む >>

贈与税申告報酬規程

 報酬内容 摘要   1. 贈与内容による基本報酬 (2.5~10万円/件)      ① 単純贈与・・・下記以外のスタンダードな贈与です。 2.5万円/件 ② 配偶者贈与・・・一定の婚姻期間を有する夫婦間の非課税枠2,000万円の贈与です。 不動産取得税の軽減申請付です。 7.5万円/件 ③ 精算課税贈与・・・相続時に精
続きを読む >>

H27~改正の贈与税割合表

★今後の贈与は、1次・2次の相続税を合計した相続税割合と比較した上で行えば節税を兼ねた財産移転ができて有利と言えます。 ★今までは贈与税が高くなり “二の足” を踏んでいた、1年に1人500万円以上の20才以上の子・孫・ひ孫に対する贈与が、下の様に減税されました。  これにより、ご高齢の方でもハイペースで贈与に踏切りやすくなります。  20歳(贈与年の1月1日時点で)以上の子・孫・ひ孫が受贈した
続きを読む >>

Q12. 子や孫の結婚資金や子育て・出産資金の贈与の 非課税制度の概要は?

A12. ① 祖父母・父母が20歳以上~50歳未満の子や孫に対してH27.4.1~H31.3.末に ② 結婚に際する婚礼費用・住居費用・引越費用の内、   一定のものに充てる為の贈与(上限300万円) や、 ③ 妊娠に要する費用・生まれた子の医療費や保育料のうち、   一定のものに充てる為の贈与(上限1000万円)については、   一定の手続きを
続きを読む >>

Q11. 子や孫が住宅を取得するときの資金の贈与にも 非課税制度があると聞きましたが・・・?

A11. 平成31年6月30日までの間に父母や祖父母・養父母からの贈与により、居住の用に供する住宅用の家屋の新築、取得等の対価に充てるための金銭を取得した場合において、一定の要件を満たすときは、一定の非課税限度額までは贈与税の申告を条件に贈与税が非課税となります。 もらう側の要件は、次のとおりです。 ● 贈与を受けた時に受贈者が日本国内に住所を有していること。 ● 贈与を受けた年の1月
続きを読む >>

Q10. 子や孫にお金を贈与するかわりに、 相続の時の財産分けを減らそうと思いますが、 どう思いますか?

A10. 相続人の贈与や金銭支援は民法用語で「特別受益」といい、これは、民法上では相続財産の先渡しということになります、が、 あげた際に「受領書」でも取っておかない限り、相続発生時にもらった側が兄弟に言わなければ生前贈与済みであることは、なかなか証明できないのが現実です。 ですから、 弊社では、遺言づくりの際に 「財産分けのつもりで生前贈与した」 旨を記載するように心掛けています。
続きを読む >>

当事務所の解決事例を検索する

分野別

お悩み別

路線価から下げないと損!今すぐチェック
PAGE TOP