相続税の節税は税理士で変わる!初回相談無料

相続申告は、

(1)土地評価
(2)税務調査のポイントとなる生前分散資金(贈与ヘソクリ)をガードできるかどうか
(3)納税や生活資金、二次相続まで考えた遺産分割アドバイスがポイントです。

税理士にも不得意な分野があったり、 申告経験数も過去0件~数件~数百件と幅があるのも事実です。
税務調査対策や事業承継のスキルにも当然に差は出るでしょう。

土地評価や遺産分割の助言に不慣れな税理士の場合は、それらの誤りが原因で無用な納税を
強いているケースも散見します。相続申告は一生の一大事。
上記の(1)~(3)を原因とする『相続トラブル』にならない様に注意したいものです。
税理士選びは慎重に。

kanpu

 

トータル相続コストで判断

相続コストは、
〔報酬〕+〔当面の相続税〕+〔追徴税のリスク〕+〔2次相続税〕
など
トータルでご判断ください。

所得税・法人税申告は、どの税理士に頼んでも大差がないかもしれませんが、相続手続きは税額や次のご相続・将来の生活にまで次のような悪影響を及ぼしますのでご留意ください。

合計コストに大きな差

 

(1)遺産評価の品質
  • 安易な土地評価では相続税で損をします。
  • “遺産分割協議”で不利になります。
(2)遺産の特定作業の品質
  • ヘソクリや贈与財産が遺産でない事を法的に立証できる様にしておかないと配偶者軽減の適用除外やペナルティでトータルコストが余計割高に
    因みに、1次相続で追徴税(手みやげ)を払うと2次相続の相続時の調査追求は更に厳しくなる傾向があります。
  • 税理士法で品質保証(税理士による意見書面の添付)申告制度が用意されていても、“申告書類の作成”しか行わない税理士は制度を活用できずに税務調査のヘッジが不可能に。
(3)遺産分割助言の品質
  • 名義財産や2次相続・所得税など将来のことも熟慮した遺産分割を行わないと後に問題を残します。
  • 不動産や金融資産に対する知識が乏しい税理士の遺産分割助言では、遺産の名義変更・管理運用面で不具合が生じます。

以上のような事まで考慮した手続きを進めようとすれば、どうしても時間と手間が必要になります。相続税申告 約2400件、相続相談 9300件超のノウハウ問題解決力で、将来やご子孫の為にも、『品質』を重視したご選択をお勧めします。

●相続申告報酬
相続税の申告についてのご相談は無料です。相続税申告の報酬は遺産内容・額により、概ね0.6%~1.0%程度ですが、一定規模以上の案件については、0.6%を下回る場合もございます。

 


参考ページ ⇒  当事務所の7つの強み
       当事務所の総合力
                     ご相談の多いケース

 

 

相続に詳しい税理士を見極める8ヵ条 

★ 相続税の申告代理の実績が豊富

★ 事務所内に相続専門税理士が在籍しているか

★ 相続に関連する民法や判例に精通しているか

建築基準法など土地に関連する法律にも詳しいか

★ 相続特有の税務調査のポイントを知っているか

★ 預金など金融商品の解約手続きの経験があるか

★ 相続に必要な手続きについて、すぐに説明できるか

★ すべての財産について相談できる安心感があるか

上記の(1)~(3)を原因とする『相続トラブル』にならない様に注意したいものです。
ご相続前後の相続準備も大切です。相続承継のスペシャリストである私達におまかせ下さい。

 

 

当事務所の解決事例を検索する

分野別

お悩み別

路線価から下げないと損!今すぐチェック
PAGE TOP