あなたは大丈夫?注意が必要な23のケース

相続税申告や相続手続きの際に注意を要する典型例です。
遺言作成や生前対策も慎重に。お早目にお電話下さい。

□ 土地は多いがお金は少ない。

□ 株や投信などの時価が日々増減する資産が多い。

□ 専業主婦の配偶者なのに金融資産が多い。

□ 子や孫名義にしている預金が多い。

□ 自宅や貸金庫に保管している現金・GOLDが多い。

□ 認知症になりそうな配偶者や未成年者がいる。

□ 生前中の「相続放棄」発言や念書が通用すると思っている。

□ 相続人の中に住宅ローン、年金暮らし、離婚などでお金が要りそうな人がいる。

□ 死亡保険金を受取らせれば遺産分けがスムーズにいくと思っている。

□ お金にうるさい相続人、遠方居住や疎遠になっている兄弟姉妹がいる。

□ 2世代、3世代が同居している家。

□ 子や孫は祖父母や父母名義の土地・建物に住んでいる、又は、事業に使っている。

□ 賃貸収入が減ってきて借入の返済に不安がある。

□ 親の借金の連帯保証人になっている。

□ 子供がいない夫婦。再婚の夫婦。

□ 独学で自筆遺言や公正証書遺言をつくった。

□ 専門家に相談して作った公正証書遺言でも相続税改正決定(H25)以前だった。

□ 遺言執行人を費用が高い信託銀行や年齢が自分と大差ない専門家にしている。

□ 親の世話をしないのに法定相続分を主張しそうな兄弟姉妹がいる。

□ 相続人が苦労しそうな老朽貸家、貸地・小作地がある。

□ 兄弟姉妹・親戚との共有土地やご先祖名義の土地がある。

□ 自社へ多額のお金を貸しているようになっている。

□ 自社株を後継者以外の子・孫・嫁・親戚などの名義に分散している。

 

路線価から下げないと損!今すぐチェック
解決事例
  • 遺産分け編
  • 申告編
  • 土地評価編
  • 生産緑地編
相続ステーションへの相談・お問合せはこちら
相続ステーションへの相談・お問合せはこちら
PAGE TOP