Q6. 父には隠し子がいるようなのですが、 先日の報道であった法定相続分の判決が気になっています。

A6.
平成25年9月4日に最高裁が「婚外子(非嫡出子の法定相続分は婚内(嫡出子)の半分」とする現民法に対し、憲法違反との判決をだしました。

これにより、平成25年9月5日以降の相続発生分は、両者同等の法定相続分となりました。
(それ以前の分についても遺産分割協議未了の事案は同様に。)

死亡日にかかわらず、平成25年9月5日以降の相続税申告から適用されます。
遺留分も法定相続分の半分なので、これまでの倍になります。

この判決により、相続税の総額も変わりましたし、又、それぞれの立場で対策や注意点が出て来ました。
例えば、遺言書の作成などです。

詳しくは
婚外子相続分 違憲判決による影響と対策 
をご覧下さい。

 

よくあるご質問【相続手続き編】へ戻る>>

 

 

解決事例
  • 遺産分け編
  • 申告編
  • 土地評価編
  • 生産緑地編
路線価から下げないと損!今すぐチェック
PAGE TOP