Q15. 友達の借入金の保証人になっています。 私が死亡したらその借入金は私の相続財産から差し引けますか?

A15.
無条件では相続財産から差し引くことはできません。

相続財産から債務控除できるのは、将来おこりうる 「 見込額 」 ではなく、「 確定額 」 のみ、という決まりがあるからです。

しかし、あなたの存命中に
① お友達が借入金を返済できなくなり、 
② 連帯保証人であるあなたに対して、債権者が 「連帯保証人としての代位弁済請求」 してきて、あなたが代わりに返済せざるを得なくなり、
③ かつ、そのお友達が破産や夜逃げでもして、あなたが立替たお金をお友達から返してもらえないことが明らかになれば、
その返してもらえないお金相当額は相続財産から差し引くことができます。

 

 

よくあるご質問【相続手続き編】へ戻る>>

 

 

 

路線価から下げないと損!今すぐチェック
解決事例
  • 遺産分け編
  • 申告編
  • 土地評価編
  • 生産緑地編
相続ステーションへの相談・お問合せはこちら
相続ステーションへの相談・お問合せはこちら
PAGE TOP