Q5. 2500万円まで贈与税がかからない制度(相続時精算課税贈与制度)があると聞いた のですが、どのような制度ですか?

A5.
贈与年の1月1日において60歳以上の親から20歳以上の子や養子に一人当たり2,500万円までは無税で、
       2,500万円を超えた部分は一律20%の税率
で贈与できる制度です。
そのかわり相続の際は、その贈与分を遺産に加算しなければいけません。

いわば、“財産先渡し、納税後払い” の制度です。

もちろん、もらった側はもらった翌年3月15日までに贈与税の申告をしなければいけませんし、注意点もありますが、相続節税&争続対策に使えると思います。

詳しくは、
大型贈与で有利に資産移転

をご覧ください。

 

よくあるご質問【贈与】に戻る>>

 

当事務所の解決事例を検索する

分野別

お悩み別

路線価から下げないと損!今すぐチェック
PAGE TOP