【遺産分け事例】結果に差がでる要注意事例~遺産分け編~

【要注意事例】
株や投資信託など時価が日々増減する資産が多い。
⇒遺産分割後に換金する時に死亡時点より大幅に時価が下落していると、時間の経過
で大損する場合もあります。一日も早く相続手続きに着手を。

 

【要注意事例】
「相続放棄」発言や過去の念書で安心している。
⇒「放棄する」と言ってる人が相続発生後3ヵ月以内に家庭裁判所で放棄の手続きを
してくれない限り放棄したことにはなりません。
複数の書類に全相続人の署名・実印・印鑑証明が必要です。

 

【要注意事例】
相続人の中に住宅ローン、年金暮らし、離婚などでお金が要りそうな人がいる。
⇒言うまでもなく遺産分割協議がシビアに。
今回は乗りきれても次の相続の際は更にシビアに。

 

【要注意事例】
遠方居住や疎遠になっている兄弟姉妹がいる。
⇒普段、コミュニケーションがとれていない人や親の面倒を見ていない人は遺産の
話になるとモンスター化する場合も少なくありません。
先ずは早目にそれとなく本音をヒアリングしてみることです。

 

【要注意事例】
自筆遺言や公正証書遺言があるから油断しているケース。
⇒それらでは、預金解約や株の名義変更ができなかったり、又、書きモレ財産が
ある場合は結局、全相続人の実印が必要になる場合が大半です。
早目の遺言診断をお申し出ください。

 

 

【要注意事例】
親の世話をしないのに法定相続分を主張しそうな兄弟姉妹がいる。
⇒親の世話を全くしていなくても法定相続分は主張できます。
お世話による「寄与分」は遺言で明記しておいてもらいましょう。

 

【要注意事例】
兄弟姉妹・親戚との共有土地がある。
⇒ご親族との共有土地は相続手続き後もトラブルの種です。
弊社では問題の先送りにならないように遺産分割協議の際に並行して、ご親族と
の共有解消のコンサルティングをご提案しております。

 

【要注意事例】
再婚の夫婦
⇒先妻・先夫との間に子どもがいれば、全ての子どもに相続権があり、遺産に
ついて知る権利もあります。プロにご相談を。

 

【不動産の共有相続は避けたい】
独身でない兄弟姉妹との共有相続は、将来に兄弟姉妹間でのトラブルの元になります。
弊社では、「代償分割」(1人が不動産を相続し、代わりにその人が他の相続人にお金を渡
す方法)や「分筆相続」(土地を左右などに分筆してから相続)、「換価分割」(共有相続の
後に即、売却)などの方法を駆使してトラブルの火種を残さない遺産分割の助言に努めて
います。

【子どものいない夫婦の夫が死亡したケース】
夫の両親が死亡し、夫に兄弟がいない場合は妻の実印のみで全財産相続できます。
ですが、たとえ義両親・義兄弟とも先死亡していても、その義兄弟に子どもがいればその子の実印は必要です。夫婦二人三脚で築いた財産でも“遺言”がない限り遺産分割協議と全員の協力がないと妻1人のモノにはできません。
放っておかないで一日も早くご相談を。

相続ステーションへの相談・お問合せはこちら
相続ステーションへの相談・お問合せはこちら
PAGE TOP